糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットのすすめ

糖質制限ダイエットとは、エネルギー源となる3大栄養素のたんぱく質、脂質、糖質のうち糖質の摂取量を制限して体重を減らすことを目的にしたダイエットです。糖質とは一般的には炭水化物と言われているものです。糖質を減らすとなぜ体重が減るのかというと、次のようなメカニズムになっているからです。

糖質をとると分解されたブドウ糖は血液によって運ばれます。いわゆる血糖値のことです。このブドウ糖を取り込むのに影響するのがインスリンです。インスリンが分泌がされるとブドウ糖はエネルギーとして使われ、残った分はグリコーゲンとして蓄えられます。しかし許容量をオーバーすると血糖値が上がりすぎないようにインスリンが働き脂肪に蓄えられることになります。

糖質が不足すると、代わりにタンパク質の元となるアミノ酸が糖に変換されます。アミノ酸は体内の筋肉から供給されます。つまり、糖質が不足すると、それを補充しようと体が自らの筋肉をアミノ酸に分解して糖を補おうとするわけです。結果として筋肉が減少することになります。

ところで、糖質制限ダイエットを考える場合、糖新生という言葉が重要です。

糖新生とは、血糖値が下がった時に新たに糖を生成することで血糖値を維持するシステムのことです。アミノ酸やグリセロールから補うことができます。

糖質を制限するということは、糖新生によって当分を補うことになりますが、糖質制限ダイエットで考えているのは、筋肉から供給されるアミノ酸で糖を補うのではなく、脂肪を分解してできるグリセロールで糖を補うことでダイエットになると言っているわけです。

糖質制限→血糖値が下がる→糖新生で筋肉が減少→基礎代謝が減る→ダイエットにならない
糖質制限→血糖値が下がる→糖新生で脂肪が燃焼→ダイエット

糖新生を考える場合、上記の二つのケースを考える必要があります。

糖質制限ダイエットというのは、糖質を制限して脂肪を燃焼させるダイエットのことをいいます。

糖質を制限すると筋肉が減少するのでは?

新糖質の流れには大きく二つの考え方があります。

筋肉を供給源とするアミノ酸により糖を補う経路
脂肪を供給源とするグリセロールにより糖を補う経路

都合よく脂肪を燃焼してくれればいいですが、筋肉が減少するリスクがあります。そこで糖質制限ダイエットのポイントは、筋肉を落としにくいように新糖質すること、だといえます。

つまり、糖質を制限することで筋肉が減少するかもしれないため、筋肉に必要なタンパク質を多くとることによって新糖質での筋肉の減少を抑えようとするのが糖質制限ダイエットの要だと考えられます。

糖質(炭水化物)を抑え、タンパク質を増やすことによって、筋肉の減少を抑えることができ、基礎代謝が維持され、また脂肪も燃焼させることができると考えられます。※脂質の摂取も必要です。

糖質制限ダイエットの危険性は?

糖質制限ダイエットは手っ取り早く体重を減らす方法としては有効です。しかし長く続けると体に悪影響を及ぼす可能性があります。体重は減ったが健康を害してしまっては元も子もありません。よくある例として、最初の数日は糖質を極端に減らし、徐々に増やしていく方法です。有名なライザップも糖質制限ダイエットが組み込まれています。

ライザップって!? 「結果にコミットする」 それがRIZAP。そういわれてもわからない人のために、よくあ...

糖質が身体に必要なエネルギー源となる3大栄養素の一つであることを考えると、糖質を制限することは身体に悪影響を及ぼすことは明らかです。糖質制限ダイエットは必ずしもいい面だけではないため、自己流に糖質を制限したり、無理な糖質制限ダイエットは危険だと言えます。



大人のカロリミットは1日1回飲むことで、日常活動時における脂肪を代謝する力を高める」「食事の糖の吸収を抑える」「食事の脂肪の吸収を抑える」という効果があります。無理なく糖質を抑える選択肢としてよさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする